植物育てるのも、ラーメン作りも「気持ち」

IMG_0730IMG_0729IMG_0731IMG_0728IMG_0725

 

 

 

 

当店軒先に植えてある寄せ植え植物。去年と比べ、今年の植物達は、6月には沢山花咲いてくれて元気そうです!

というのも、昨年は手間怠ってやらなかったのですが、今年春先に土を入れ替えて植物が育てやすくなる様にしたんです。

やっぱり植物の気持ちになり、手間暇は惜しまず手をかけてあげたら、元気に育ってくれる!

植物見てると、あるラーメン店主の言葉を思い出します。

以前、ある店主から「スープ作りに苦戦して悩んでいるだ」と聞いて店へ話を聞きに行ってた時の事。

店によって材料&作り方も異なるし、とにかく悩んでいる事が少しでも解消出来る様なればと色々話聞いていた所、

店主は、毎日焚いている寸胴スープの豚ガラ&鶏ガラに向かって、「豚さん今日はどうですか?鶏さん今日はどうですか?いい出汁出ていますか?」と話掛けていると話してくれた。

心配して話聞いてたんですが、その言葉を聞いた時、僕は「大丈夫!心配ないじゃん!」と安心しました。

豚ガラ&鶏ガラに話掛けても、「いい出汁出てるよ~」とか「今日イマイチだな~」とか返事返って来る筈ないですが、話掛ける行動をとっている事は、スープに対して、店主の「気持ちがある!」「気に掛けている!」

この事は、常に焚いているガラの毎日の変化に気づいて、状況に応じた対応出来るので、間違いなく「美味しいスープが出来上がる!」

もし、気持ちが薄かったり、気に掛ける事がなければ、スープに興味がない事になるので、一切見ない→ガラの変化に対応出来ない→美味しいスープは出来ない!

悩んでる店主の言葉が教えてくれた。ラーメン作りに一番大切なのは気持ちだと。

気持ちがなければ、いい物は作れないし、作る事は出来ない。お客様の心へ伝わる物は作れない。

気持ちは目に見えにくいものですが、心を込めれば込める程、相手への心に伝わる物が作れると信じ、僕も心のラーメン作りを心掛けています。

「豚さん今日はどうですか?鶏さん今日はどうですか?いい出汁出ていますか?」僕がラーメン店主として、心に響いてる、好きな言葉です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です