大谷焼きラーメン鉢使用して10日間

ラーメン鉢をこの度、全て大谷焼きラーメン鉢に変えて使用し10日間。

一言で「今回大谷焼きラーメン鉢作って頂いてよかった!」です!

今回「鳴門の海」とテーマにして作って頂いたラーメン鉢。両手を添えたくなるカワイイラーメン鉢で自分自身とても気に入ってます!鉢は大きく5種類デザインありますが、全て形や柄等、一鉢一鉢違う顔してて、飽きないです!ご来店頂いたお客様には、毎回違った鉢で召し上がって頂けると思います!

この10日間、ラーメン注文頂く度に、鉢を手に取り「この鉢はお客様どう感じて頂けるだろう?お客様にはこの鉢がいいかな~?」等、色々思いながらラーメン作らせて頂いています。そう想いながら、お客様がラーメン鉢を手に取りラーメンを食べて体感して頂く姿を目にして、現在大谷焼きラーメン鉢でラーメン提供させて頂いている事に大変感謝致しております!

田村陶芸十代目田村栄一朗さんとラーメン鉢づくり打ち合わせ(ラーメン&ラーメン鉢に対する想い)→試作品完成→1週間店で試作鉢でラーメン提供→ラーメン鉢決定→大谷焼き作業現場見学し大谷焼きの現場の話聞かせて頂く&完成ラーメン鉢対面→店でラーメン鉢としてラーメンを提供。

今迄県内で、外食した際、どこかで大谷焼き陶器で食事させて頂いてはいるですが、あえて前面に「大谷焼きラーメン鉢で徳島ラーメンを!」この素晴らしい企画。県内のお客様には今迄以上に大谷焼き陶器に体感する機会が増え、県外からご来店頂くお客様には地元の徳島ラーメン&鳴門大谷焼きを多くの方に知って頂き、体感して頂きたいです。

店入り口横には大谷焼きコーナー設置しておりますので無料パンフレット&大谷焼き陶器並べています。お時間ございましたら、手に取ってみて頂ければと思います。陶器底に値札貼っていますので、気に入られる陶器はご購入も可能です。

この度、店で使用するラーメン鉢は50鉢用意しました。(小)25鉢(大)25鉢です。(小)(大)ともに、一鉢づつ鉢中底に「鳴門鯛」の絵柄が入った「当たり鉢」があります!当たりが出ると、ナッツベリーファームさんのアイスをプレゼント!ワクワク感持ちながら、ラーメン食べるのも楽しいなと、ラーメン鉢打ち合わせの際、当たり鉢の話が出て、面白いので是非作りたい!と、鳴門海なので、当たり絵柄は鳴門鯛で!という流れで完成した当たり鉢。ラーメン鉢が巻貝の様な形なので、実はなかなか鉢底が見えにくいんです!汁がほとんど無くならないと、鉢底が見えてこない!ので、ラーメン食べられているお客様は鉢を持ち上げて傾かせたり、もう汁飲めないのに、ふぅ~ふぅ~言いながら、どうにか鉢底を見ようとするお客様、グループで他ラーメン鉢に汁を移して一つ一つ当たりがないか確認しているお客様。これは当たりラーメン鉢!?と一つのラーメン鉢を覗き込むご家族4人。ラーメン鉢を持ち上げて当たりがどこにあるんだ~って感じで探されるお客様等。当たり鉢見つけテンション上がりとても喜んで頂けるお客様。6人でご来店頂き、テーブル2つ別れ、1つのテーブルは当たりを必死に探すが見当たらない。もう1つのテーブルに当たり鉢ったのに、全く探さず、店を後にしてしまう。結構当たり鉢あるのにお客様は気づかれないパターンがこの10日間は多かったですが、これから気づかれるお客様増えていくのではと思います。やはり「当たり」って年齢問わず、ワクワクするものなんだな~と実感しました。とても楽しんで頂いている様子を見させて頂いて、この企画して良かった!と思っています。実際お客様より、スタッフが楽しませて頂いているかもしれません。で、この当たり鉢。お客様から注文が入り、ラーメン作る時、店主はわかりますが、常に心掛けている事は何も考えず、手に取った一鉢が当たりかどうかだけです!例え、大変大変お世話になっている方がご家族でご来店されて可愛い子供さんへ「当たり鉢入れようかなぁ~」なんて意図的に出せません!例え、女優「綾瀬はるか」が来店して、「当たり鉢見たい~!」と言われたとしても意図的に出せません。これだけは!手に取った鉢に託すのみです!ささやかな当たりですが、ワクワク楽しんでラーメン食べて頂ければ有難いです。

IMG_0330IMG_0334IMG_0340IMG_0326_1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です