青森県産の「焼煮干し」

IMG_1492IMG_1491

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の新しい期間限定ラーメン候補「青森県産の焼煮干し」です。

何時もお世話になってる業者様より「余り出回って無い貴重な煮干し入りました」とお声頂き、是非これは試さねばと!

今回仕入させて頂き、試作続けている「焼煮干しラーメン」。

この焼煮干し。青森県では煮干しで出汁を取ったラーメンが有名で、実は煮干しも一般のとは違うみたいなのです。

通常の煮干しは煮出すのですが、青森県の煮干しは超~手間暇掛かっているみたいなんです。

苦みエぐみの元となる、イワシの頭や腹わたをとり出し水洗いし並べて乾燥させ、一匹づつ竹串に刺して、炭火で焼くんです。

その後は外で天日干しし、数日掛けて魚を表裏ひっくり返し干し上げをして完成なんです。

箱の中の焼煮干し見ると串刺ししていたのがわかります。

実際のお味は通常の煮干しと比較して、余分な脂分が無く、香ばしさ美味しさが伝わるとても上品な煮干しです!

これだけ手間暇掛かると、値段も鯛より高いです!

で!肝心の焼煮干しラーメン。先日から試作していますが、当店の濃厚コッテリラーメンには焼煮干しの個性が出にくいのです。

当店のラーメンには煮干しの頭&はらわたはある方がいいみたいです。

となれば、あっさりスープに合うのでは!?とアッサリ鶏ガラスープを作って合わせてみたのですが、僕なりにはパンチに欠けて合格になりません。

僕の努力不足で苦戦しているのが現状です。しばらくどうすればいいのか考え勉強します。

先ずは7月中旬迄に新しいラーメン販売出来る様に、違う食材探して試作します!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です