スタッフ丁子君の第2回東京ラーメン旅(2泊3日の13杯)

1486037491367148552496434014855251923851485525223664148552525283514855253156451485525360723148552536890114855254214691485525433310148552549325914855255344431485525579577

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店スタッフ丁子君。昨年秋の東京ラーメン旅が彼にとってとても衝撃的&ラーメン熱UP↑となったみた、先月下旬の3連休に、第2回東京ラーメン旅に行ってきました。

23(月)夜に徳島→東京夜行バスで出発~♪

が!しかし、日本列島大寒気に包まれ大雪。滋賀辺りで高速道路が6時間立ち往生。24日お昼に名古屋駅でバス乗客全員途中下車という天候に大左右される出発となったみたいです。前回旅は漫画喫茶で初宿泊。今回旅はカプセルホテルで初宿泊。前回の1000倍ぐっすり睡眠出来たらしいです。

 

1日目の4軒(写真1段目の右端~4枚)

1軒目「飯田商店」

店外観は昭和40年~50年代の建物に見えて、食堂雰囲気に見えるのですが、昨年改装の店内は料亭の雰囲気&ホールスタッフ女性は着物という!素晴らしいギャップ↑。水&塩のみのシンプルなスープの塩チャーシュー麺。色んなもの入れなくてもこんなにおいしいんだと!これでいいや♪と満足してしまう位美味しかった。

2軒目「ソラノイロ」

醤油チャーシュー入り。鶏と魚介スープの優しい味わい。店もスタイリッシュでカッコいい↑。

3軒目「きら星」

炙りチャーシュー麺。ガツンとくる濃厚豚骨ラーメン。カツオ餡をスープに溶かして魚介豚骨にも。

4軒目「ソラノイロNIPPON東京駅店」

ソラノイロと言えば、ベジソバ。野菜の甘味がたっぷりと味わえます。2軒目の1号店と対照的な女性目線のカワイイ雰囲気のお店。

 

2日目6軒(写真上端左端1枚~2段目の5枚)

1軒目「地球の中華そば」

塩チャーシュー入り。丸鶏に加え様々な素材使用した贅沢なスープ。あられ&エシャロットがなんとも言えないアクセントに!

2軒目「home made ramen麦苗」

特製にぼらぁ。煮干しエグミない、優しい味わい。チャーシューもかなり美味しい。

3軒目「麺LABOひろ」

特製LABOそば塩。鶏と魚介出汁に鶏脂が加わる芳醇な味わい。チャーシューはどれも絶品。

4軒目「八咫鳥」

特選ラーメン黒。魚介メインのスープ。スタンダードなラーメンの印象。

5軒目「蘭鋳」

煮干しの旨味が味わえるアッサリ魚介豚骨ラーメン。店内は昭和の様なノスタルジックな雰囲気。

6軒目「燦燦斗」

今回初の汁なしの油そば。ツルシコの自家製麺に絡む濃厚タレが最高~。

 

3日目3軒(写真3段目の3枚)

1軒目「とみ田」

特製つけそば。麺もつけダレもトッピングも接客もどれも最高~↑。最高のつけ麺。スープ割りも凄い!

2軒目「麺屋七彩八丁堀店」

肉そば煮干し。見た目ほど濃くなく飲みやすいスープ。目の前で打たれる麺は目にも口にも優しい。

3軒目「饗 くろ㐂」

あさり味噌そば。一杯1000円ですが、それも納得!アサリがふんだんに使われたスープは濃厚かつ風味抜群。ケイジャンチキンとの相性もバッチリです!

 

今回の13軒で特に印象に残った店

1位 「とみ田」 2位 「饗 くろ㐂」 3位「地球の中華そば」

丁子君。東京のラーメンどの店もとてもレベル高く美味しかったのですが、とみ田さんのつけ麺はダントツに全てが素晴らしかった↑と感動してました。今回のラーメン旅で丁子君自身、色々な面でとても勉強なって彼も一皮剥て成長して帰省した雰囲気を感じ取れました。僕も東京ラーメン旅の話を色々聞いて、これからの当店ラーメン作りに活かしていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です