ごとう整骨院

IMG_0422IMG_0423IMG_0424ラーメン屋の仕事。やってみたら、精神的に肉体的にめちゃくちゃハードな職業でした。年月経過すればするほど、身体はあちこち痛くなり常に身体の不調に悩まされてます。

先月下旬には首&肩が回らなくなり、背中に棒が突き刺さっている様な傷みが。痛みが広がり、起きているのが辛い状況なので、鳴門市大麻町の「ごとう整骨院」へ。

診察してもらうと、「首骨はガタガタ&背中骨も離れたり下がったりと酷いな~」と今回の原因は寝違いからみたいだけど、仕事で今迄身体中蓄積された古傷みが原因との事。氷でアイシングしたり色々してくれて、2~3日したら、傷み引いてくるよと。2~3日後には首回り、背中も回復してきた。

以前から常に足の痛みがありキチンと立つのも辛いので、ついでに診てもらうと、立ち仕事の特定な動き(姿勢バランス)も原因だし、厨房の狭い所をウロウロしているだけが足に悪いとの事。「とりあえず足の痛み今日一日だけ取れる様にするよ」と色々ストレッチみたいなのしてくれたら、ホント足の痛み消えたけど言われた通り、翌日即痛みが戻ってきた↓。身体に長年蓄積された痛みなので、当然再発する訳で、今回、骨を正常な位置で保てる様に&身体の痛みを治していく身体作りの運動を教えてもらいました。まだまだラーメン屋の仕事続けていかなくれはいけないので、教えてくれた運動毎日日課とし実践しています!

ごとう整骨院の特徴で自分なり思うのは、「歩く事推進・健康な身体づくり運動・患部にはアイシング」の印象がある。

毎日の最低40分以上の歩き込みを推進している。患者さんとも休日に皆集まり、歩き込みしている。患者さんには、薬は出来るだけ使わない治療を進めてて、人間の持っている自然回復力を活かす様、この患者さんにはこうしたら、身体よくなりますよと、最適な運動を提案しているとの事。

ちなみに後藤先生。幼馴みで、あだ名「ごっつっあん」。幼い頃から個性的キャラだけど、しっかり者でストイックな凄い努力家だ。

高校時代には既に整骨院への道を決めていて、独立開業の明確な目標が決まっていた。(ちなみに高校当時の僕は、目標なんか全くなく、大学行ってとにかく遊びたいだけでした。)

高校卒業後は大阪の整骨院専門学校行きながら、朝~学校へ、夕方~整骨院で働き勉強する毎日。20歳位の時、下宿先へ1週間位、泊まらせてもらった事あったのですが、天王寺から電車で少し行った所に住んでて、戦前建築?と思う風呂なし、トイレ共同の古い木造住宅だった。近くの銭湯へも2日に1回だったな~。当時から目標へ向かって一歩一歩開業へ向け努力していた下積み生活していた時の事思い出した。

今から17年前の27歳に鳴門市大麻町で「ごとう整骨院」開業し、10年位前に同町内へ住まい兼の診察所設け、今に至る。

「ごっつっあん」は、毎朝3時半起床!「やまきょうさん」並みに朝早い起床だ!外真っ暗の中、オデコにライトつけて、歩きこみをし、帰宅後は運動をし、診察の為に身体つくりしてるらしい。

(午前中診察)朝7時半~10時半(午後診察)16時半~18時半 と珍しい時間配分の診察時間。午前診察終了~午後診察開始までの約6時間は、患者さんへの治療方法&技術を磨く為の勉強時間を設け、勉強しているの事。ホント努力家だ!

今回診察した際、身体の事・仕事の事・今後仕事をする上での身体の事・同じ自営業の考え方等、色々話して、とても参考になったし、いいアドバイスもらったヨ!有難う!

ごとう整骨院

徳島県鳴門市大麻町桧字宮ノ西1-1

tel 088-689-3256

(受付時間)am7:30~am10:30  pm4:30~pm6:30 予約制診察

(休診日)火・木・土(午後)・日曜日

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です