原田たけしさんの絵本

原田たけしさん作の絵本3冊
@sudachiken

「小学生の僕は鬼の様なお母さんにナスビを売らされました」
「ししゃもネコ」
2冊は本がクタクタになる程、多くの方に読んで頂いてます。
ラーメンを待つ間、幼い兄妹が両親に読み聞かせしている姿はとってもいい光景で印象に残ってます。

そして今年8月新作の
「ゾンビハムスターねずこ」

@zombie_hamster_nezuko

小学2年ヒカル君が飼っていたハムスターねずこが庭に埋めたお墓からゾンビ化して夜ヒカル君の枕元に現れるストーリー。
サラリと3分で読めますが、心にグッと響いて残ります!
動物(家族)との事。動物の気持ち。命とは。限られた命を自分自身、今迄どう生きてきたか。これからどう生きるか。
瀬戸内寂聴さんが思い浮かびました。
原田さんの絵本は、子供向け絵本を飛び越え、どの年齢層にも思い考えさせられる、とても奥深いです。
心に響く絵本是非読んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です