麻植糧機さん

(写真)当店スープ機械工事中の麻植糧機さん。

当店厨房関係を大変お世話になっている業者さんです。

旧店舗でラーメン屋を始めて当初数年間は他ラーメン屋さんと同じ様に、

ガス&寸胴でスープを作っていたのですが、当店のスープ作りは

強火&弱火を使いスープを完成させる為、

23時以降帰宅後、0時寝て→2時起床してガスをい

じり、寝てスープが焦げない様、4時起床して仕込み&

営業するという今となってはゾッとする毎日を続けてい

たのですが、体力的に限界を感じ、「夜中に自動に火

を加減してくれて、焦げない様に攪拌してくれて、スープ

が煮詰まる様、水分を蒸発する換気口が自動に開く

機械は出来ないかな~?」と麻植さんに相談した所、

大阪の業者さんに相談してくれて、スープ機械を作って

もらいました!

現在ではこのスープ炊機械があるお陰で、体力的に

楽&スープ作りも安定度が増しました。

チャーシューを仕込む際、店内が脂でギトギトになるので、

旧店舗では別の場所で仕込みをしていたのですが、

新店舗では店内&自分自身も身体脂ギトギトになる

ので、新店舗には店奥に、シャワー室もつくりました。

が、店内の脂ギトギト掃除毎日大変なので、「なんとか

ならないかな~」と麻植さん話をしたら、「スチコン機械

使ったら脂ギトギトは機械の中だけだし、チャーシュも

美味しく出来る万能機械だよ」との事で、新店舗では

スチコン導入しており、大変助かっています!

となれば、身体も脂ギトギトになる事もないので、

現在店奥のシャワー室は物置になってます。

(写真)スープ炊機械で、水蒸気が逃げる様に換気口

を塞いでもらってます。塞いだ分スープの量が作れる

様にと!

換気口塞いでもらった結果、数十杯分増量出来ると

予想していたのですが、実際さほど以前と変わらなか

ったです↓。でも気持ち程度10杯位は増量出来ました。

麻植糧機さんはパン・和菓子・洋菓子が専門の業者

さんですが、当店では「こんなんあったらいいな」を

かなえてくれる頼りになる「ドラえもん」的存在です!

IMG_0082

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です