大谷焼「田村陶芸」さんラーメン鉢

先日、鳴門大谷焼「田村」さんからラーメン鉢のお話を頂きました。

地元徳島の北島町で徳島ラーメンをご提供させて頂く、自分にとって、隣町の

鳴門市大麻町大谷で、国の伝統的工芸品である大谷焼陶器でラーメンをご

提供させて頂く素晴らしいお話。当店も是非作って頂きたく、この度ラーメン

鉢作りをお願いする事になりました。

で、なんと言っても、自分自身、「陶器好き」なんです!

開店当初はラーメン絵柄(龍)の入ったラーメン特有の鉢を使っていました

が、陶器が好きな事もあり、陶器に変えました。

今回、既製品ではなく、一から陶器作り出来るので、ラーメン鉢完成に向け

ワクワク楽しみです!

昨日、試作品陶器が釜から焼き上がったとの事で、「田村」さんへお伺いさ

せて頂きました。

2週間前、大谷焼「田村陶芸」十代目田村栄一郎さんと「どんなラーメン鉢

を作るか」と打ち合わせの際、

①陶器の外側は静(日本庭園の砂利の雰囲気)

②陶器の内側は動(器の中は鳴門の海で鳴門渦潮が巻いている)

③会社員時代職場が鳴門海岸沿いにあったので、朝通勤の際、徳島~鳴

門~小鳴門橋を渡り、大毛島に入り、トンネルを越えると目の前にキラキラ

朝日に輝く鳴門の海が見えた印象が強くあるので、海のキラキラ感&鳴門

渦潮ラーメンを食べていく過程で器中で、徐々に見えてきて、鉢底たどり着

くと特にキラキラするものが見える

の様な雰囲気のラーメン鉢を作ってみたいと提案させて頂きました。

今回、11鉢の試作品作って頂きました!

試作品見て、「オオォ~!!!」て感じです!テンション↑上がりました!

試作品11鉢をお借りして、店カウンターに置いて仕事しながら、数日間考えま

す!

(写真)大谷焼「田村」さん&ラーメン「田村」の田村同士の大谷焼ラーメン

IMG_0245鉢完成へ向けて進んでおります!

田村陶芸さんホームページ

http://55web.jp/motoyamagama/index.html

大麻町商工会 大谷焼

http://www.tsci.or.jp/ooasa/ootaniyaki.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です